自分の乗っているバイクの売り時期を事前に決めておくとは?

自分の乗っているバイクの売り時期を事前に決めておく。たとえば、「新型が発売する前に売る」などと具体的に決めておくことが大切なわけって?

 

自分の今乗っている原付バイクの買取り時期をあいまいにするのではなく、事前にしっかりと決めておくことはかなり大切です。

 

僕のまわりにいる友達もそうですが原付バイクをいつ売るかをしっかり考えている人は少ないようです。

 

原付バイクは、いつ売るかというより、「売る気分になったら売る」という方が多いのではないでしょうか。

 

ですから原付バイクを売るときは新型が発売されていたり、バイクの調子が悪くなって売る気になる方も多いようです。

 

でも新型が発売されたり、調子が悪くなったりしたときに売るのではかなりバイク買取業者に足元をみられて安くなるのではないでしょうか。

 

ですから、もしあなたの原付バイクを高い買取りをしたいと思うのでしたら、事前に原付バイクの買取りを考えておくことが大切となります。

 

では計画的な原付買取りとはどのようなことなのでしょうか。

 

それをするためには今乗っている原付バイクの価値を考えましょう。
そのバイクに価値があるから他に人も高い査定をだすのです。

 

ですから自分のバイクに価値が少ないと感じたら買取は安くなります。

 

たとえば、原付バイクの買取予定表みたいなものを作ってみたらいかがでしょうか。

 

原付スクーターでしたらタイヤの消耗時期とかベルトの交換時期、ブレーキの消耗時期などの大きな出費を要することを中心に、プラグ交換、エアークリーナー、4サイクルでしらオイル交換などの小さな出費事項も加えていきます。

 

それにたぶんこれから乗るであろう走行距離とか新型の発売を考えてみれば一番高い原付買取りの時期が自然とわかってくると思います。