原付の外見を綺麗にする方法とは?

原付の外見を綺麗にする方法とは?

原付買取りで高い査定金額を出すには色々なテクニックが必要となります。

 

そのなかでももっとも気にしなければならないのが「外見を綺麗に保つ」です。

 

バイク買取業者のホームページでは、汚れていても、傷がついていてもそのままの状態で買取り査定を受けてくださいといっていますが、ここでのそのままは意味が違います。

 

つまりバイク買取業者のいいますそのままでの状態とは、高いお金をかけて修理したり、キズを直したりしないでくださいという意味です。

 

バイク買取業者は自分の修理工場をもっていますので、皆さんが自分で修理やキズを直すよりもっと安くできるからです。そして、どんなに自分で高いお金を払って修理してもお金をかけた分がそのままそっくり買取り金額に反映することはありません。

 

ですから、バイク買取業者へそのままの状態でバイクを買取りにだすことが正解です。

 

それでは意味が違うバイクの外見を綺麗に保つといいますのはどのような意味なのでしょうか。

 

バイク買取業者も買取りをしたバイクは他のお客に転売する商品となります。

 

転売する商品ですのでやはり綺麗にしておくにこしたことはありません。

 

そのために綺麗に見せるための努力が必要となります。ほんとに僅かな手間です。

 

たとえば、クリーニングをするのでもホイールや駆動系に付いた泥、オイルの汚れまで綺麗にしましょう。

 

そして、より綺麗に見せるために軽くワックスをかけておくことも有効です。樹脂が光るスプレーなども良いかもしれません。

 

最後の仕上げでは、細かい部分の黒色系を補修しておきましょう。

 

なるべくお金をかけないように黒の油性タッチアップを使うと良いか思います。

 

ここまですれば自分の愛車もかなり見違えるというものです。

 

ここでの支払う対価は自分の手間だけですので、愛車への最後の感謝の気持ちを込めておこないましょう。