原付の修理から思う

原付の修理から思う

原付 バイク 処分

 

8400キロ。今回は特にカスタムのメーターランプなど良くわかるように夜間撮影をしました。

 

 

原付 バイク 処分

 

僕は夜間の撮影は初めてです。

 

でも昼間と違うランプをみれたら面白いと思いトライしてみました。

 

緑はハイビーム、オレンジはウィンカーさらにその上の赤はオイル残量警告ランプとなります。

 

 

原付 バイク 処分

 

右下にあるのがカスタム燃料メーターです。

 

夜でも見やすいランプ点灯で、ランプの色を選べるのもオシャレでステキです。

 

 

「新車 スクーター 購入のまとめ」を前回の続きみたいな内容で続けて書いてみました。

 

どうぞスクーター新車購入予定の方は参考にしてください。

原付 バイク 処分

 

待ちに待ったセンタースタンドの部品が到着しました。

 

普通でしたら簡単にシャフトは曲がりませんので割りピンのみの部品交換となるのが多いそうですが、私がちょっと無理して力を加えたためシャフト部品も交換が必要になりました。

 

部品をお願いしてから供給されるまでだいたい3ヶ月くらいかかったのではないかと思います。

 

ただスクーターにはサイドスタンドもありますのでそんなに急を必要としませんがさすがに時間がかかりすぎるようです。

 

やっと3ヶ月ぶりの修理となりました。時間がかかるのがスクーターですが重要な部分でありませんので部品納入に時間がかかったようです。

 

修理時間はほんの5分くらい済みました。作業代は部品代込みで7000円ほどでした。

 

原付 バイク 処分

 

写真でもわかるようにセンタースタンド部分の全交換となります。

 

センタースタンドシャフトの曲がりのみでしたがシャフトだけの交換はできないそうで、全部をアッセンブリー交換となりますが、すべてで7000円程はかなり安いのではないでしょうか。

 

もちろん作業代金+部品代金です。

 

シャフト部品は普通でしたらこのような故障が起こりませんので在庫にしてある確率は低いと思います。

 

ただこれがブレーキのような保安部品でしたらそうはいきません。

 

原付 バイク 処分

 

センタースタンド取り付け完了です。取り付けにかかった時間は5分くらいでした。

 

 

最初にも書きましたが スクーター を購入する場合は特に慎重に販売店を選ばなければいけない理由はここにもあります。

 

これは凄く重要なことなので何度も重複しますが重要な部品がすぐに手に入る体制にある販売店をしっかり選んでください。

 

ブレーキ部品ひとつでも大切な部品の供給を待たすスクーターの販売店はかなり要注意です。

 

しっかり自分が購入する車種を日常的にお店で販売していて必要な部品がお店に常時置いているかどうかを確認してください。

 

スクーター●●販売指定店とは名ばかりのことが多いように感じます。

 

お店によっては重要な部品すら在庫がなく供給に時間をかけるお店も実際に存在しています。

 

さらに スクーター はタイヤ、他の部品でも 国産 スクーター との規格の違いで取り付けができないこともあります。

 

先日スクーター屋店長が言っていたのですが、「新車でスクーターを購入すると修理はほとんどの方が購入したお店に行きます」。

 

新車購入するときはA店、B店、C店と価格比較を考えるのに、修理は余程の理由がないがぎり購入したお店に行く方がほとんどらしいのです。

 

またA店で購入したスクーターを修理だけB店に行くのは意外と行きにくいと思ってしまう方が多いそうです。

 

ちょっと商売気の強いスクーター店でしたら、最初の購入価格を他店より少し安くし、修理で利益を回収するという考え方をするお店もあるのではないでしょうか。

 

ぜひご注意ください。

 

最後新車購入をまとめますが、

 

1、スクーターは部品の供給が必ず必要になります。

 

購入の前に重要部品の修理に対応できる時間を確認してみてください。

 

またそのお店で購入予定の車種が常時扱いがあるようでしたら部品の在庫はあると考えても良いかもしれませんがそうでない場合はかなりご注意です。

 

スクーター の購入は気軽に購入できる国産スクーターよりさらに注意が必要です。

 

2、新車で購入するとき新車価格だけで購入を決めないでください!

 

メンテ、他修理また作業代金の詳細もできれば確認し、しっかり他店と比較しましょう。

 

つまり新車価格だけで他店比較だけではなく、あとあとのメンテも含めた比較検討が大切という事です。

 

これスゴク大事ですので頭に刻みこんでください。

 

ちょっと面倒でも来店しているお客さんに今までの修理代金、販売店のインプレッションを簡単に聞いてみるのもいいかもしれません。

関連ページ

原付pmxの緒元
原付pgo購入を決めた理由
原付走行距離10キロ スピードメータが動かない
原付走行距離10キロ スピードメータが動かない
原付を購入したらエンジン慣らし
原付を購入したらエンジン慣らしです。これとても大切なのですが、難しいのもこれです。
こだわりの販売店バーハン スペシャルとは
ノーマル仕様とこだわりの販売店バーハン スペシャル仕様との違いはあまりにも大きすぎました。
原付500キロでシートカバー剥がれました
原付500キロでシートカバー剥がれました
原付500キロ ウィンカー破損
原付1000キロでキーロック故障
原付1000キロでキーロック故障です。2サイクルでしたので、振動もあることから故障は事前に予感していましたが、それにしてもやなものです。
原付7598キロで消耗部品と故障とは
原付7598キロで消耗部品と故障です。メインの声聞部品はベルト交換でした。
原付2サイクルpmxの将来とは
原付2サイクルpmxの将来ことを考えてみました。排気ガスを多く出す2サイクルのことです。メーカーでは生産中止が相次いでいます。
原付で三崎港まで2往復しました
暖かな5月の連休の出来事でした。調子に乗って原付で三崎港まで2往復しました
原付と管理人プロフィール
原付と管理人プロフィールということで、管理人のオタクを紹介してみました。
イタリア製マロッシで小改造
原付とイタリア製マロッシで小改造です。待ちに待った小改造となりました。
原付pmxの小改造
原付pmxの小改造
原付突然のトラブル
原付突然のトラブル
原付突然センタースタンド脱落
原付突然センタースタンド脱落
原付グリップ磨耗と脱落
原付グリップ磨耗と脱落
原付スクーター シートが悪戯で破損
原付スクーター シートが悪戯で破損
原付バイクでウィリー撮影にこだわりです♪
原付バイクでウィリー撮影にこだわりです♪
原付買取りと小改造はイタリア製マロッシ
原付買取りと楽しい遠出が待っています
原付買取りと最近の都心の駐車事情
原付買取りと防犯3点セットで思わぬ出費
原付買取りとちょっとコツがいるオイル補給
原付買取りと僕のインプレッション
原付買取りとバックミラー角度は都内モード
原付買取りとヘルメットフック、フック、BOX、キーの使い勝手
原付買取りと高い車高、バーハンドルは魅力
原付買取りと台湾の友人から聞く生の声って
原付買取りと意外と狭いヘルメットホルダーと高い車高
原付買取りと苦労する燃料補給の手順
原付買取りと小改造2箇所僕のインプレッション
原付買取りと低速時の小回りが厳しい
原付買取りとタンデムではクリーナーカバーに注意
原付買取りとスクーター駐車は困りもの
原付買取りと冬の高尾山まで走行会 その1
原付買取りと冬の高尾山まで走行会 その2
原付買取りとスクーター マフラー、リアウィンカーも脱落
原付買取りと大台の1万キロ達成記念
原付買取りと春を前にバッテリー交換