原付買取りと冬の高尾山まで走行会 その2

原付買取りと冬の高尾山まで走行会 その2

原付買取

 

スクーターpgo pmxも走行距離も8776キロ

 

 

スクーターpgo pmxの走行距離も8776キロになりました。最近寒い日が続いていますのでスクーターは少し敬遠気味かもしれません
前回紹介しました「冬の高尾山スクーター走行会プラス冬ソバ」に スクーター pgo pmxで行ってきました。当日は寒いにもかかわらず7台の参加があり高尾山まで高速を使わずひたすら下のみでの走行会でした。
途中、複数スクーターの走行レクチャーも受けました。とても常識的で簡単なことなのですが、「走っているときは1台づつ1列でも、停車のときは2台が並ぶようにしてください」とかです。また前走車は全体のペース配分、しんがりは後ろから前走車の様子もチェックもしていただき、とても安心して走れるのが何よりでした。
途中休憩、給油を含めて八王子から高尾山です。いままであまり知らなかったのですが八王子から高尾山はほんとに近いです。着く前に峠スポーツ走行も期待していましたのでちょっと拍子ぬけでした。でもとりあえず無事に到着はいいことです。

 

原付買取

 

出発場所は販売店のお店からでしたが、出発時間10分前になっても誰も来ず、もしかしてひにちを間違えたのかと心配になりました。時間過ぎたくらいにどんどん集合してきました。日曜日の朝早くはとても眠いものです。

原付買取

 

ちょっと昔のカワサキですがこれと スクーター pgo pmxがほんとに一緒に走るのでしょうか。

 

 

原付買取

 

イタリア製スクーターの250インジェクション付きは早そうです。それにしてもカッコいい

 

 

原付買取
カワサキ650ですがタンデムでも軽くフロントを上げて走っていました。

 

 

原付買取

 

イタリア製スクーター色違いですがキャブ使用です。ヤマハのマジェよりかなり早いそうですが事故ったときの交換部品にかなりの費用がかかるそうです。

 

 

原付買取

 

スクーター pgo のアローロ200改です。デザイン、また改造も綺麗でセンスがいいです。ともかく直線加速の速さは別物でした。

 

 

また僕は110の スクーター pgo pmx、他の参加の方は200cc〜650ccでしたのでほとんど足手まとい状態でした。でも先頭をいきます方は非力なスクーター 輸入pgo pmxに走りを合わせていただきほんとに感謝でした。

 

ともかく初めてのスクーター走行会、高尾での冬ソバ、そして大垂水峠での軽いスクータースポーツ走行も少し味わえ、寒いにもかかわらず汗が出るほどの充実した一日となりました。

 

ただこの峠は他と一緒でウエーブ道路になっていますので、フラットの路面に比べてかなり走りにくくスポーツ走行では注意して走らないとかなり危険のように思いました。今回も写真を沢山撮っていきましたので写真とともに紹介します。

 

今は寒い季節ですがもうすぐ暖かい春がきます。その時のためにウオーミングアップを兼ねて軽い走行会なんで如何でしょうか。独り走りも楽しいのですが同じ趣味を持つ仲間と一緒ですとさらに楽しいですよ。

 

スクーター 輸入

 

スクーター アローロ200のバックミラー、このサイズ、形状はかなりいいです。pgo のミラーは少し大き目でしたので前から探していました。

 

 

原付買取

 

高尾山ではイラスト入りのマップで早速現地をリサーチです。

 

 

原付買取

 

こんな感じでスクーター駐車しました。今回女性の参加が2名ありました。

 

原付買取

 

無事到着でホッと一息。皆で記念撮影です。

 

 

原付買取

 

ともかく話題はスクーターと冬ソバです。

 

 

原付買取

 

スクーター走行会も女性の参加が2名でしたのでちょっとホッとです♪

 

 

原付買取

 

早速冬ソバです。このお店はおいしいとかなり有名なお店だそうです。

 

 

原付買取

 

お店の感じはこんな店内でした。ほんとに人手一杯で、お昼時とあって並んでいました。

 

 

原付買取

 

高尾山ケーブルカー入口です。

 

 

原付買取

 

高尾山のケーブルカーの新型だそうです。あまり新型のような気がしませんでした。

 

 

原付買取

 

高尾山ケーブルカー入口ではなぜか「ガマの油売り」がお皿を回していました。凄いものです。

 

 

原付買取

 

ケーブルカーもいいのですがリフトも気になりました。

 

 

原付買取

 

高尾山の駅前は商店がいくつかあり名産のとろろそばもお土産で買えます。

 

 

原付買取

 

ともかく、「饅頭」と「ソバ」と「とろろ」のようでした。

 

 

原付買取

 

桜ソバがいい感じでおいしそうでした。

 

 

原付買取

 

まんまのとろろ芋1本600円は美味しそう♪

 

 

原付買取

 

食べる話ばかりではなくしっかり高尾の風景も撮ってきました。

 

 

原付買取

 

登山安全だそうです。山のハイキングは距離によっていくつかのコースがあるそうです

 

 

原付買取

 

この真ん中辺にスクーターpgo pmx110が停めてあります。

 

 

原付買取

 

カワサキ650って最後までかなり気になるバイクでした。

 

 

最後になりましたが前回紹介しましたインナー手袋ですがややいい感じです。どのくらい「やや」なのかといいますと、言葉ではうまく言えませんので、たとえば今まで30分で手の感覚がやばくなってきたのがその倍くらいいけるようになりました。

 

倍と言いますのはこれも完全は無いということです。やはり手の感覚はこれを付けても危なくなります。あくまでも少しでも良いという意味に感じ取ってください。なんにしても寒い冬は結構厳しいものかもしれません。

関連ページ

原付pmxの緒元
原付pgo購入を決めた理由
原付走行距離10キロ スピードメータが動かない
原付走行距離10キロ スピードメータが動かない
原付を購入したらエンジン慣らし
原付を購入したらエンジン慣らしです。これとても大切なのですが、難しいのもこれです。
原付の修理から思う
こだわりの販売店バーハン スペシャルとは
ノーマル仕様とこだわりの販売店バーハン スペシャル仕様との違いはあまりにも大きすぎました。
原付500キロでシートカバー剥がれました
原付500キロでシートカバー剥がれました
原付500キロ ウィンカー破損
原付1000キロでキーロック故障
原付1000キロでキーロック故障です。2サイクルでしたので、振動もあることから故障は事前に予感していましたが、それにしてもやなものです。
原付7598キロで消耗部品と故障とは
原付7598キロで消耗部品と故障です。メインの声聞部品はベルト交換でした。
原付2サイクルpmxの将来とは
原付2サイクルpmxの将来ことを考えてみました。排気ガスを多く出す2サイクルのことです。メーカーでは生産中止が相次いでいます。
原付で三崎港まで2往復しました
暖かな5月の連休の出来事でした。調子に乗って原付で三崎港まで2往復しました
原付と管理人プロフィール
原付と管理人プロフィールということで、管理人のオタクを紹介してみました。
イタリア製マロッシで小改造
原付とイタリア製マロッシで小改造です。待ちに待った小改造となりました。
原付pmxの小改造
原付pmxの小改造
原付突然のトラブル
原付突然のトラブル
原付突然センタースタンド脱落
原付突然センタースタンド脱落
原付グリップ磨耗と脱落
原付グリップ磨耗と脱落
原付スクーター シートが悪戯で破損
原付スクーター シートが悪戯で破損
原付バイクでウィリー撮影にこだわりです♪
原付バイクでウィリー撮影にこだわりです♪
原付買取りと小改造はイタリア製マロッシ
原付買取りと楽しい遠出が待っています
原付買取りと最近の都心の駐車事情
原付買取りと防犯3点セットで思わぬ出費
原付買取りとちょっとコツがいるオイル補給
原付買取りと僕のインプレッション
原付買取りとバックミラー角度は都内モード
原付買取りとヘルメットフック、フック、BOX、キーの使い勝手
原付買取りと高い車高、バーハンドルは魅力
原付買取りと台湾の友人から聞く生の声って
原付買取りと意外と狭いヘルメットホルダーと高い車高
原付買取りと苦労する燃料補給の手順
原付買取りと小改造2箇所僕のインプレッション
原付買取りと低速時の小回りが厳しい
原付買取りとタンデムではクリーナーカバーに注意
原付買取りとスクーター駐車は困りもの
原付買取りと冬の高尾山まで走行会 その1
原付買取りとスクーター マフラー、リアウィンカーも脱落
原付買取りと大台の1万キロ達成記念
原付買取りと春を前にバッテリー交換