原付500キロでシートカバー剥がれました

原付00キロでシートカバー剥がれました

ゲオバイク

 

スクーター 輸入 pgo pmxのシートカバーは裏から見ると淵に沿って大きいホチキスで固定されています。

 

今まで乗ってきた国産スクーターではここが剥がれたことはありませんし、他でも聞いたことはありません。

 

スクーター pgo pmxのシートカバーの剥がれは後ろ側からでした。ブレーキの時に前にずれますので大変危険な状態です。

 

しかもツーリング中に起こりましたので簡単な応急修理ともいかず困りました。もう少し考えて部分部分を紐などで固定する応急方法でもいいかと思います。

スクーター pgo pmxを購入してから500キロくらいに起きたことです。シートカバーの後部から少しづつ剥がれてきました。

 

これはシートスポンジ部分の上の黒と赤のビニールの剥がれです。座席シート部分を持ち上げて裏から見るとシートの淵に沿って大きなホチキスのようなもので固定されていました。

 

ともかく剥がれていますとブレーキをかけるたびに座席シートカバーごと前にずれますので運転にも影響がでます。

 

私は多くの国産スクーターにも乗ってきましたがこんなトラブルを経験したことも、他で聞いて事もありません。しかも突然でしたのでかなり焦りました。

 

これに対するスクーター販売店の対応ですが、その場ですぐに大きなホチキスで修理が完了しました。

 

この後同じように2回ほど剥がれてきて再再修理が必要となりました。修理の仕方が悪いと言いますより一度は剥がれてしまいますと付きが悪くなるのではないでしょうか。

 

また製造時の温度とか湿度とかも関係あるかも知れませんし厳密に言えばこれも含めてメーカーの製品クオリティも関係しているのでしょうか。

 

ただオリジナルシートを販売しているスクーター販売店もありますし、そのシートの取り付けには同じ大きなホチキスで取り付けるそうです。

 

もしかして僕だけのスクーターにおきたことなのでしょうか。そんなに大きな問題ではありませんこともお伝えします。

 

ゲオバイク

 

この部分は国産スクーター、スクーター にそんなに違いはありませんので、この破損は僕だけのことなのではないでしょうか。

関連ページ

原付pmxの緒元
原付pgo購入を決めた理由
原付走行距離10キロ スピードメータが動かない
原付走行距離10キロ スピードメータが動かない
原付を購入したらエンジン慣らし
原付を購入したらエンジン慣らしです。これとても大切なのですが、難しいのもこれです。
原付の修理から思う
こだわりの販売店バーハン スペシャルとは
ノーマル仕様とこだわりの販売店バーハン スペシャル仕様との違いはあまりにも大きすぎました。
原付500キロ ウィンカー破損
原付1000キロでキーロック故障
原付1000キロでキーロック故障です。2サイクルでしたので、振動もあることから故障は事前に予感していましたが、それにしてもやなものです。
原付7598キロで消耗部品と故障とは
原付7598キロで消耗部品と故障です。メインの声聞部品はベルト交換でした。
原付2サイクルpmxの将来とは
原付2サイクルpmxの将来ことを考えてみました。排気ガスを多く出す2サイクルのことです。メーカーでは生産中止が相次いでいます。
原付で三崎港まで2往復しました
暖かな5月の連休の出来事でした。調子に乗って原付で三崎港まで2往復しました
原付と管理人プロフィール
原付と管理人プロフィールということで、管理人のオタクを紹介してみました。
イタリア製マロッシで小改造
原付とイタリア製マロッシで小改造です。待ちに待った小改造となりました。
原付pmxの小改造
原付pmxの小改造
原付突然のトラブル
原付突然のトラブル
原付突然センタースタンド脱落
原付突然センタースタンド脱落
原付グリップ磨耗と脱落
原付グリップ磨耗と脱落
原付スクーター シートが悪戯で破損
原付スクーター シートが悪戯で破損
原付バイクでウィリー撮影にこだわりです♪
原付バイクでウィリー撮影にこだわりです♪
原付買取りと小改造はイタリア製マロッシ
原付買取りと楽しい遠出が待っています
原付買取りと最近の都心の駐車事情
原付買取りと防犯3点セットで思わぬ出費
原付買取りとちょっとコツがいるオイル補給
原付買取りと僕のインプレッション
原付買取りとバックミラー角度は都内モード
原付買取りとヘルメットフック、フック、BOX、キーの使い勝手
原付買取りと高い車高、バーハンドルは魅力
原付買取りと台湾の友人から聞く生の声って
原付買取りと意外と狭いヘルメットホルダーと高い車高
原付買取りと苦労する燃料補給の手順
原付買取りと小改造2箇所僕のインプレッション
原付買取りと低速時の小回りが厳しい
原付買取りとタンデムではクリーナーカバーに注意
原付買取りとスクーター駐車は困りもの
原付買取りと冬の高尾山まで走行会 その1
原付買取りと冬の高尾山まで走行会 その2
原付買取りとスクーター マフラー、リアウィンカーも脱落
原付買取りと大台の1万キロ達成記念
原付買取りと春を前にバッテリー交換